LastUpdate: 2011/05/02 01:12:49

戻る

全般

001 タイムスタンプが更新していないのに変わる
002 標準のフォントなどの設定の仕方
003 シートと、印刷プレビューでセルの高さが異なり、行が欠ける!
004 起動時の書式設定
005 マクロを[Ctrl]+[Shift]+[v]に割り付けたが動作しない!
006 別の場所のセルを張り込む方法
007 右寄したいんだけど、スキマをあけたい時の書式設定
008 完了日付を設定したら、その行全体の色を変えたい時など
009 曜日の表示方法
20050414 ユーザー書式
20050905 シート数の制限
20051122 文字列の連結
20060427 列の表示、非表示
20060503 セルの文字量に連動して、縦幅が変わらないんだけど
20060603 ブック間のシートのコピーについて
20070216 ワークシートを非表示にする方法
20071215 名前を付けて保存 が異様に遅い
20080509 ほかのユーザーによって変更された可能性があります
20080513 ファイルパスをセルに入力すると、ハイパーリンクになってしまう
20080523 ファイル保存の時、既存のファイルを上書きしたい
20080528 入力規則に注意
20081010 行数 列数
20090123 #N/A 条件付書式
20090226_指数表示になったデータを文字として表示させたい
20090512_表示書式
20090627_シートを並べて表示したい
20110106_商と余を求める

VBA

VBA001 エクセルのマクロでDAOのクリエイトで失敗するとき
VBA002 エクセルのマクロでコピーメソッドを使用するときの注意点
VBA003 "中断モードでは入力できません。"のマクロアラートが表示されてしまう。
VBA004 マクロが含まれていないのに、"マクロが含まれています。"のメッセージが表示されてしまう。
VBA005 VBAの処理速度。
VBA006 エクセルのVBAで、ワークシート関数を使用する方法。
VBA007 図形のテキストボックスのテキスト文字をVBAで編集する方法。
VBA008 プリンターの制御
VBA009 ファイルオープン時の制限
VBA010 Run関数でのExcelとの違い。
VBA011 シートの複数セレクトについて
VBA012 値の貼り付けのマクロ
VBA013 マクロ実行中に画面の再描画を停止
20080512 非表示でブックを開く
20080513 2003と2007で保存するファイル形式を変更してみる
20080523 Excel データをSQL抽出
20080602 複数カラムが一致する行の抽出方法
20080612 オラクルからデータを取得
20080612 シートの初期化
20080612 テキストボックス図形 の文字列を取得したい
20090121 全てのセルをシート間でコピー
20090212_16進数で計算
20090303_オブジェクト型変数の初期値判定
20090424_フォルダを丸ごと削除
20090521_VLOOKUP_で_#N/A_になったとき、ブランク表示したい
20090702_VBAでオブジェクト指向コーディング
20090713_セルの選択いろいろ
20090713_セルの名前参照


001     タイムスタンプが更新していないのに変わる

エクセルファイルを開いている間、タイムスタンプはCPU日付に変わる。更新せずに閉じると前のタイムスタンプに戻るようである。
エクセルファイルを開いている間に、タスクマネージャーよりエクセルのプロセスを強制終了させると日付は戻らないままになってしまうので注意。考慮方法は、エクセルファイルの属性を、Readonlyにしておくことである。
1999/05/31 N


002    標準のフォントなどの設定の仕方

書式→スタイル で 標準スタイルを変更すれば良い。


003     シートと、印刷プレビューでセルの高さが異なり、行が欠ける!

セルの行数が変わると、セルの高さも自動的に変わる。この高さは標準のフォントを元に計算している。しかしプリンタドライバの兼ね合いもあり完全に高さを調整する事はできない。
Office97 98/03/05 マイクロソフトサポートセンタ


004      起動時の書式設定

XLSTARTフォルダに、book.xlt、sheet.xltを置けばよい。ただし、マニュアルには、Documents and Settings 配下に置くようにと書かれているが、C:\Program Files\Microsoft Office\Office\XLStart が優先される事もあった。

しかし、Office2003 では、C:\Documents and Settings\UserName\Application Data\Microsoft\Excel\XLSTART の方が優先されたようにも思われる。

PERSONAL.XLS の日付を見て、どちらが有効になっているかを確認するのも有益かと思われる。

Excel オンラインヘルプ
「ブックとシートの設定を元に戻す」にて検索

2004/11/19


005      マクロを[Ctrl]+[Shift]+[v]に割り付けたが動作しない!

自分でよく「値だけ貼り付け」のマクロを作り、[Ctrl]+[Shift]+[v]を登録したにもかかわらず動作してくれないことが多い。

以下の点に注意して再設定を試みよ。

  1. マクロをいつもどうり作成する。この時点ではショートカットキーは設定していなくてかまわない。
  2. メニューバーから「ツール」→「マクロ」→「マクロ」を選択し、マクロダイアログを表示させる。
  3. ショートカットを割り付けるマクロを選択し、「オプション」ボタンをクリックする。
  4. [Shift]+[v] をキーインする。CTRLキーは不要である。
    このとき、テキストボックスには大文字の “V” が表示されるが、Shiftキーの影響であるから無視して良い。
  5. さて、実行してみましょう!

大文字モードになっているときに、[Ctrl]+[Shift]+[v] を押下すると、
小文字の“v”になり、マクロが認識してくれません。ご注意!

2002/07/11


006 別の場所のセルを張り込む方法

  1. 張り込み元のセルを[Ctrl]+[C]などで、クリップボードにコピー。
  2. 張り込み先のセルを選択。
  3. [Shift]キーを押しながら、メニューの編集を選択。(メニューの中身が変わる!)
  4. 図のリンク貼り付けを選択。

2002/07/26


007 右寄したいんだけど、スキマをあけたい時の書式設定


2002/11/19


008 完了日付を設定したら、その行全体の色を変えたい時など

=NOT(ISBLANK($A1))

上記のように指定すると、その行のE列に何かを入れたら、背景がブルーになります。
ひとつのセルで設定して、あとは書式のコピーをすると、楽です。

2003/05/09


009 曜日の表示方法

=TEXT(B2,"AAA")

2003/09/17


20050414 ユーザー書式

ヘルプで調べる時のキーワード

表示形式で使われる書式記号

ZZ9のような事をしたい時は
??0 でOK


20050905 シート数の制限

Excel 2003 使用可能メモリに依存 (既定では 3)  HELP:「Excelの仕様および制限」参照


20051122 文字列の連結

& で行います  a1 & a2 とか


20060427 列の表示、非表示


20060503 セルの文字量に連動して、縦幅が変わらないんだけど

結合されているセルに対しては、この機能は無効のようです。


20060603 ブック間のシートのコピーについて

コピーの方法は、2種類ある。

メニューバーから行う方法

シートを選択して [編集]→[シートの移動またはコピー]

マウスで行う方法

シートのタブ上で左ボタンを押し続け、アイコンが変わったら、そのまま、コピー先のシートへドラッグする。

注意点

複写元のシートに、シート間の連携が有る場合、複写先のシートでも連携を維持しようとするので注意が必要である。

シート「データ」には、表紙のデータからの連携が設定されています

「データ」シートをコピーすると…


元.xls の 表紙シート のB1 と連携するようになります。

この状態の場合、先.xls を開く時に、元.xlsが存在しないと、リンクエラーになってしまいます。

リンクを解消するには、「リンクの編集」を選択し、表示されるダイアログボックスから「リンクの解消」を選択すれば良いです。

Excel2003


20070216 ワークシートを非表示にする方法

 


20071215 名前を付けて保存 が異様に遅い

無効な実際にアクセスできないドライブが残っていると遅いらしい。

[ファイルエクスプローラ]→[ネットワークドライブの切断] から 削除すると改善する。


20080509 ほかのユーザーによって変更された可能性があります

XLSファイルを開いて保存しようとした場合、以下のメッセージが表示されてしまった

自分以外のユーザーが変更してはいない。

ネットワークの先のファイルを更新しようとした場合、ネットの遅延により、発生する事があるそうだ
http://support.microsoft.com/kb/324491/ja

他のユーザーが変更していないならば、「変更を上書きする」で、OK


20080513 ファイルパスをセルに入力すると、ハイパーリンクになってしまう

ハイパーリンクにする/しない は、以下で設定される。



20080528 入力規則に注意

エクセルの入力規則を使うと、「このセルにはこのような値しか入っていなければだめだ」というチェックをかける事ができるはずのものであるが…。

例外がある。

必ず入力されている事をチェックする場合、いくら入力規則でガードをしても、セルを入力状態にしていいない状態で、「DEL」キーなどを押すと、入力チェックが効かない。

例:1または2が入力されている事を期待する設定

[バックスペース]→[エンター]だと、チェックされるが

[Delete]で消去できてしまう。

DELETEキーの場合は、入力されていないからだ…と思われる。

入力規則は、あくまで入力モードにおける、規則のようだ

その証拠に、値の貼り付けをおこうと、他も文字も入ってしまう


20081010 行数 列数

Excel2003 以前 6万5536行 256列
Excel2007 以降 100万行 1万6384列

20090123 #N/A 条件付書式

以下のように設定すれば、 #N/Aの時の属性を設定できる

ERROR.TYPE

エラー値 ERROR.TYPE 関数の戻り値
#NULL! 1
#DIV/0! 2
#VALUE! 3
#REF! 4
#NAME? 5
#NUM! 6
#N/A 7
その他 #N/A

 


20090226 指数表示になったデータを文字として表示させたい

ココにヒントあり

http://blogs.yahoo.co.jp/bardiel_of_may/26310406.html


20090512 書式のバリエーション

表示形式は 三つまでの数値の書式と、文字列用に四つ目の書式を持つことができます。

各書式は次のようにセミコロン( ; )で区切って指定します。

<正数>;<負数>;<ゼロ>;<文字列>

二つのセクションだけを指定した場合、最初のセクションは正数とゼロの表示形式になり、二番目のセクションは負数の表示形式になります。

<正数及びゼロ>;<負数>

一つのセクションだけを指定した場合は、その表示形式がすべての数値に適用されます。


20090627 シートを並べて表示したい

ひとつのブック内のSheet1とSheet2を、並べて同時に見たいときは、以下のようにすれば良い

新しいブックが表示されました。二つは同じブックを指している。変更内容は、もう一方にもリアルタイムで変更されます。

それぞれのブックの表示するシートを自由に選択すれば良い。


20090627 セル文字を、改行して連結させたい場合

配置設定にて「折り返して全体を表示する」をチェックする事がポイント


20110106 商と余を求める

余りを求めるときは、 MOD関数

商を求めるときは、 TRUNC (切捨て)を用いる

TRUNC は 小数部を単純に除く関数である。

似たような関数で、INTは 小さい方向に丸めるものである。

TRUNC(-3.3) = -3
INT(-3.3) = -4


20110227 文字を数値に変換する

1、2などの数字が文字として入力されているものを、数値に直す方法について

方法1

*1を行った結果は数値になる事を利用する

方法2

区切り文字ウィザードを用いる方法

対象を選択し、[データ]→[区切り位置]を選択


VBA


VBA001    エクセルのマクロでDAOのクリエイトで失敗するとき

エクセルをインストールするときに、データアクセスオブジェクトをインストールしておかないとダメである。
1999/05/31 N


VBA002     エクセルのマクロでコピーメソッドを使用するときの注意点

複数のマクロを同時に動かすときや、ほかの処理と同時に動く恐れのあるときは、使用しない方が良い。
クリップボードを使用するようなメソッドを使用すると、タイミングによって予期しない内容がクリップボードに設定されている事が、充分に考えられる。
1999/06/22 N


VBA003    "中断モードでは入力できません。"のマクロアラートが表示されてしまう。

レジストリが壊れているときに表示されることがある。
OFFICE全体をアンイントールして、オフクリーン(バリューパックにある。)を実行後、OFFICE全体を再インストールしてみる。
(マイクロフトサポートセンタ より 98/05/22)


VBA004    マクロが含まれていないのに、"マクロが含まれています。"のメッセージが表示されてしまう。

マイクロソフトからは、特に情報は公開されていない。他のHPでも同じ障害が報告されていた。最終的に、大橋が、セルにつけていた名前を削除することによりこの現象がでなくなることを発見する。
1999/06/10 N


VBA005    VBAの処理速度。

ワークシート上に関数が一つでも記述されていると、遅くなる。不用意な関数記述は避けること。


VBA006     エクセルのVBAで、ワークシート関数を使用する方法。

以下にコーディング例を示す。(切り捨て関数を使用した例)

Public Sub main()

Dim wk_d As Double

wk_d = 1.015
wk_d = Application.WorksheetFunction.RoundDown(wk_d * 1000, 0)

MsgBox wk_d
End Sub


VBA007     図形のテキストボックスのテキスト文字をVBAで編集する方法。

Shapes("txt_name1").TextFrame.Characters.Text = "あいうえおかきくけこさしすせそああああああ ああああああいいいいいいいいいい"

"txt_name1"は、左上の名前で指定した項目名。


VBA008    プリンターの制御

VBAで印刷するとき、Apllication.Printerにセットする名前は、ネットワークパス名等の長い名前が必要となる。VBで取得できる名前では不適である。名前の取得方法は、win.iniの[device]のキーをVBのprinter.deviceNameで取得することが可能である。(見本はxPrnLongNameGet「中部住宅」 だったかな?)
なお、Wordは短い名前でもセット可能である。不思議
97/08/08


VBA009    ファイルオープン時の制限

VBAでファイルをオープンするとき、ファイル名はフルパスを使用すること。相対パスではうまく行かない。なお、Wordでは相対パスでもOKである。不思議 97/08/08


VBA010    Run関数でのExcelとの違い。

ExcelのRun関数は、引数を伴うことができるが、Wordはできない。
引数を渡す必要があるときは、WORDのドキュメント上にダミーのテキストボックスを張り付けて文字情報を貼り付ける。その後関数をRun関数で起動してその関数内でテキストボックスの文字列を取得する。

VBの例

'*** ワードにインターフェイス情報を送る
owrdappPrint.ActiveDocument.TextBox1.Text = Command
'*** マクロの起動
dummy = owrdappPrint.Run("main")

WORD VBAの例

MsgBox ThisDocument.TextBox1


VBA011    シートの複数セレクトについて

条件により、任意のシートを選択したい時、Array関数を使うと一度に固定的に指定しなくてはならない。下記の方法を使用すると、複数選択した後でさらに追加選択することができる。     97/10/02

例)シート"aaaa", "bbbb"を選択した後、セルに値を代入し、その後でシート"cccc"を追加選択する。

Sheets(Array("aaaa", "bbbb")).Select
Sheets("aaaa").Activate
Range("A1").Select
ActiveCell.FormulaR1C1 = "a"
Range("A2").Select
ActiveCell.FormulaR1C1 = "c"
Range("A3").Select
Sheets("CCCC").Select (Replace)


VBA012 値の貼り付けのマクロ


Sub 値の貼り付け() 
    Selection.PasteSpecial Paste:=xlValues, Operation:=xlNone, _ 
        SkipBlanks:=False, Transpose:=False 
End Sub 

2002/08/28


VBA013 マクロ実行中に画面の再描画を停止

少し早くなる。モドし忘れに注意

Application.ScreenUpdating = False

2004/04/16


20080512 非表示でブックを開く

GetObject を用いれば、水面下でブックを開いて処理ができる。

  Dim wb As Workbook
  Application.ScreenUpdating = False
  Set wb = GetObject("c:\ddd\eee\book1.xls")
  Application.ScreenUpdating = True
  'wbに対してデータ取得処理
  '
  wb.Close False
  Set wb = Nothing

20080513 2003と2007で保存するファイル形式を変更してみる

2003で、2007形式で出力してみたら、FileFormat は 51が採用されていた。

    'バージョンによって、エクセルの保存のファイルフォーマットを変更する
    Dim lngFileFormat As Long
    If xBasExcelApplicationHelper.IsVersionGreater2007 Then
        lngFileFormat = 51
    Else
        lngFileFormat = -4143
    End If
    
    'ファイルをセーブする
    On Error GoTo ERR_HANDER
    
    currentBook.SaveAs Filename:=outputFileName, _
        FileFormat:=lngFileFormat, Password:="", WriteResPassword:="", _
        ReadOnlyRecommended:=False, CreateBackup:=False
'エクセルのアプリケーションが2007以上かを判定する
'2007以上の場合は、trueを返却する
Public Function IsVersionGreater2007() As Boolean
    
    Dim excelVersion    As Double
    Dim new2007Version  As Double
    
    new2007Version = 12
    
    excelVersion = CDbl(Application.Version)
    
    If excelVersion >= new2007Version Then
        IsVersionGreater2007 = True
    Else
        IsVersionGreater2007 = False
    End If

    
End Function

Excelのバージョンは、2003は"11.0"  2007は"12.0" であった


20080523 ファイル保存の時、既存のファイルを上書きしたい

VBAマクロで、ファイルを保存する際、同名のファイルが既に存在すると、上書き確認メッセージが表示されてしまう。

メッセージを表示せず、自動で保存したい場合は、どうするか?

方法は二つある。

方法1は、アラートメッセージが一切出力されなくなる。他の予期しないメッセージも、表示されなくなってしまうので、できれば採用したくない。

方法2は、簡単な仕様であるが、既存ファイルの存在チェック及び、削除の実装が必要となる

Public Function IsFileExists(pathName As String) As Boolean
    
    Dim objFOS      As FileSystemObject

    Set objFOS = New FileSystemObject

    IsFileExists = objFOS.FileExists(pathName)
    

End Function
Public Function FileDeleteForce(pathName As String) As Boolean
    
    Dim objFOS      As FileSystemObject

    Set objFOS = New FileSystemObject

    
    objFOS.DeleteFile pathName, True    '強制削除

End Function

上記はいずれも、microsoft scripting runtime を、参照設定で、有効にする必要がある


20080523 Excel データをSQL抽出

詳しい説明はココ
http://support.microsoft.com/kb/316934/

参照設定が必要である

    Dim cn As New ADODB.Connection

    Dim rs As ADODB.Recordset

    Dim sss As String


    cn.Provider = "Microsoft.Jet.OLEDB.4.0"
    cn.Properties("Extended Properties").Value = "Excel 8.0"
    cn.Open ThisWorkbook.FullName

    Set rs = New ADODB.Recordset

    Call rs.Open("select * from [ko1$]", cn, adOpenStatic)
    
    sss = rs.Fields(1).Value

    'これをすると、レコードセットの内容を、一度に、セルに貼り付けてくれる
    Worksheets("sheet1").Cells(1, 1).CopyFromRecordset rs

20080605 補足
CopyFromRecordset 少し、注意がいる。
項目長が長いと、例外が発生してしまう  991文字を超えるとダメ?
http://www.accessclub.jp/bbs6/0006/das1544.html
 

以下のようにすれば、貼り付けはできるが、このソースは、CopyFromRecordsetに比べると、かなり遅い

'    Dim iRow As Long
'
'    Dim iColCount As Long
'    iColCount = recordset.Fields.count
'
'    With recordset
'
'        iRow = 2
'
'        Do Until .EOF
'            For iCol = 1 To iColCount
'                wSheet.Cells(iRow, iCol) = .Fields(iCol - 1).Value
'            Next iCol
'
'            .MoveNext
'
'            iRow = iRow + 1
'
'        Loop
'    End With

よく失敗する件


20080602 複数カラムが一致する行の抽出方法

ワークシート関数などでは、Find関数などがあるが、これは、一つのセルを検索条件として指定する方法でしかない。

A='1' and B='2' などと行いたい場合は、オートフィルターを用いるか、ADODBなどのSQL機能を用いるしか、方法が無い。


20080612 オラクルからデータを取得

オラクルから、手軽に データを取得したい時の方法

取得する方法は、いろんな方法がある。oo4oはオラクル固有な機能が使え、レスポンスも良く、ベストなのだが、oo4oモジュールをクライアントにインストールしなければならないのがデメリットとなる。

ベターなのは、ADO-OLEDBと思われる。前提条件は、最低限のオラクルクライアント(インスタントクライアントがあれば良い)がインストールされている事でだけである。

Private Sub CommandButton1_Click()
    
    '以下を参照して作った
    'http://www.atmarkit.co.jp/fdb/rensai/excel2oracle02/excel2oracle02_2.html
    
    
    Dim oraconn As New ADODB.Connection

    ' データベースに接続する
    Dim connectionString As String
    
    
    'ADO+ODBC の場合
    connectionString = "DSN=localhostのodbcデータソース;UID=SHODAI;PWD=SHODAI"

    'ADO+OLE DB接続の場合
    connectionString = "Provider=OraOLEDB.Oracle;Data Source=localhost:1521/ora;User ID=SHODAI;Password=SHODAI;"
    
    
    oraconn.connectionString = connectionString
    oraconn.Open


    Dim recordset As ADODB.recordset
    
    Set recordset = oraconn.Execute("select sysdate from dual")

    Call PasteHeaderAndDataFromRecordset(Sheet2, recordset)
    
End Sub

Private Function PasteHeaderAndDataFromRecordset(wSheet As Worksheet, recordset As ADODB.recordset)
    
    '項目ヘッダの貼り付け
    Dim wField As Field
    Dim iCol As Long
    Dim wkStr As String
    
    For Each wField In recordset.Fields
        
        '項目名に $ があった場合は、削除する
        wkStr = wField.Name
        wkStr = Replace(wkStr, "$", "")
        
        iCol = iCol + 1
        wSheet.Cells(1, iCol) = wkStr
    Next wField
    
    'データの貼り付け
    wSheet.Cells(2, 1).CopyFromRecordset recordset
        'データ項目が長いとエラーになるらしい
        'http://www.accessclub.jp/bbs6/0006/das1544.html
        '手動で貼り付けるように修正する


'これ、遅い
'    Dim iRow As Long
'
'    Dim iColCount As Long
'    iColCount = recordset.Fields.count
'
'    With recordset
'
'        iRow = 2
'
'        Do Until .EOF
'            For iCol = 1 To iColCount
'                wSheet.Cells(iRow, iCol) = .Fields(iCol - 1).Value
'            Next iCol
'
'            .MoveNext
'
'            iRow = iRow + 1
'
'        Loop
'    End With



End Function

20080612 シートの初期化

 workSheet.Cells.Clear

cells は、すべてのセルを返却する。 Clear系のメソッドは、ClearContent など いろいろあるが、Clearはすべて削除してくれる。

ただし図形オブジェクトは削除してくれない。また、セルのタテ ヨコ の幅 までは、戻してくれない

以下のようにすれば、図形も含めて、キレイになるかも!

    Dim wkShape As Shape
    For Each wkShape In arg.Shapes
        wkShape.Delete
    Next wkShape
    
    arg.Cells.Clear
    arg.Cells.Delete

20080612 テキストボックス図形 の文字列を取得したい

エクセルのシート上で、テキスト図形を用いて、複数改行可能な情報を管理しているとする。

この文字列の取得方法は?

この図形は、Shape オブジェクトである。Shapeオブジェクトは、コレクションであるShapesに格納されている。

コレクションから取り出す時の名前がわからない。excel2007では、わかったような気もするが、2003ではどうするの?
結局、自分で For Eachで回して、調べた

名前がわかったところで、テキストの取得は、以下のようになるようだ

注意
シェイプの文字列、あまり長いテキストは、終わりが切れてしまう。240文字くらいまでしか、取得できない?
通常のテキストボックスでマルチライン=trueで使用した方が、よさそうだ


20090121 全てのセルをシート間でコピー

シート2の全てのセルを シート3にコピー

 Call Sheet2.Cells().Copy(Sheet3.Cells)
 


20090212 16進数で計算

エクセルシート上、16進数は文字列で表現する。

例として、16進数に一定の値を加算したいような時のマクロ関数を作ってみた

Public Function IncrementHexValue(inHexValue As String, Increment As Long, FormatSize As Long) As String

    Dim strReturn As String

    '入力値を10進にする
    Dim lngValue As Long
    lngValue = Val("&h" & inHexValue)
    
    'インクリメント値を加算する
    lngValue = lngValue + Increment
    
    '16進の文字列に変換する
    strReturn = Hex(lngValue)

    '出力の桁数を整える
    Dim wk As String
    Dim ix As Long
    
    For ix = 1 To FormatSize
        wk = wk & "0"
    Next ix
    
    strReturn = wk & strReturn
    strReturn = Right$(strReturn, FormatSize)
    

    IncrementHexValue = strReturn
End Function

IncrementHexValue("00FF",1,4) の戻り値は "0100" となる

今一度、シンプルに 16進 10進変換

'10進数を16進数に変換
'   Dec:10進数
'   MinimumSize:16進の最低桁数。最低桁数に満たない場合は、左側にゼロを付加します
Function DecToHex(Dec As Long, Optional MinimumSize As Long) As String
    
    Dim result As String
    result = Hex(Dec)
    
    'MinimumSize が未指定の場合は、ココで終わり
    If MinimumSize = 0 Then
        DecToHex = result
        Exit Function
    End If
    
    '16進の桁数が最低桁数を満たしている場合も、ココで終わり
    If Len(result) >= MinimumSize Then
        DecToHex = result
        Exit Function
    End If
    
    'ゼロパディング処理行う
    Dim zeroString  As String
    Dim i As Long
    
    For i = 1 To MinimumSize
        zeroString = zeroString + "0"
    Next i
    
    result = zeroString + result
    result = Right$(result, MinimumSize)
    
    DecToHex = result
    
End Function
'16進数を10進数に変換 (単純に整数扱いとします)
'   Hex:16進文字
Function HexToDec(Hex As String) As Long
    
    Dim HexLength  As Long
    HexLength = Len(Hex)
    
    '右端から1文字づつ10進変換を行う
    Dim result As Long
    Dim i As Long
    
    Dim wkHex As String
    Dim wkValue As Long
    
    For i = HexLength To 1 Step -1
    
        wkHex = Val("&H" + Mid$(Hex, i, 1))
        
        wkValue = wkHex * (16 ^ (HexLength - i))
        
        result = result + wkValue
    Next i
    
    HexToDec = result
    
End Function

 


20090303 オブジェクト型変数の初期値判定

Is Nothing で可能である

    Static ws対象シート As Worksheet
    
    If ws対象シート Is Nothing Then
        Set ws対象シート = ThisWorkbook.Worksheets("対象データのシート")
    End If

20090424 フォルダを丸ごと削除

FileSystemFolder のメソッドを用いると、フォルダの中に、ファイルやフォルダがあっても、削除できる。

c:\aaa\aaa\bbb とあった場合、 c:\aaa\aaa を 削除した場合は、c\:aaa だけになる

Sub delete()

    On Error GoTo errhandler

    'http://officetanaka.net/excel/vba/filesystemobject/filesystemobject.htm

    Dim objFSO As FileSystemObject

    Set objFSO = New FileSystemObject
    
    ' FSOによるフォルダ削除
    objFSO.DeleteFolder "C:\aaa\aaa", True
    
    Set objFSO = Nothing

    Exit Sub
errhandler:
    If Err.Number = 76 Or Err.Number = 70 Then
        MsgBox "削除失敗"
    Else
        Err.Raise Err.Number, Err.Source, Err.Description, Err.HelpFile
    End If
    

End Sub

20090521 VLOOKUP で #N/A になったとき、ブランク表示したい

最初に思いつく方式は

=IF(IsNA(VLOOKUP(〜)),"",VLOOKUP(〜))

であるが、VLOOKUP(〜)を2回書くのは、きれいじゃない。

方法1
結果が#N/Aの時は、ブランクや、指定した値が返却されるVBA関数で対応

Public Function VLookUpEx(検索値, 範囲, 列番号, NA時の値) As Variant

    On Error GoTo ERROR_HANDLER

    VLookUpEx = Application.WorksheetFunction.VLookup(検索値, 範囲, 列番号, 0)
    
    Exit Function
    
ERROR_HANDLER:
    
    Select Case Err.Number
    Case 1004 'WorksheetFunction クラスの VLookup プロパティを取得できません。
        VLookUpEx = NA時の値
    Case Else
        Call Err.Raise(Err.Number, Err.Source, Err.Description, Err.HelpFile, Err.HelpContext)
    End Select
    
End Function
方法2
汎用性を高めて、何かの戻り値が#N/A だったら、指定した値に置き換えてしまう〜というVBA関数
Public Function NA_VALUE(判定値, NA時の値) As Variant

    If Application.WorksheetFunction.IsNA(判定値) Then
        NA_VALUE = NA時の値
    Else
        NA_VALUE = 判定値
    End If
    
End Function

何にでも使えて便利かも!

方法3
#N/A だけじゃなくって、何かエラーがあったら〜 IsErrorに対応した関数

Public Function ERROR_VALUE(判定値, ERROR時の値) As Variant

    If Application.WorksheetFunction.IsError(判定値) Then
        ERROR_VALUE = ERROR時の値
    Else
        ERROR_VALUE = 判定値
    End If
    
End Function

20090702 VBAでオブジェクト指向コーディング

Excel2003ベースの話

クラスにて、継承をする際、インターフェイスとしての継承しかできないので注意。

Object 型宣言による、動的バインドが現実解か。


20090713 セルの選択いろいろ

横1行の選択

Sub main()
    Sheet1.Cells.Rows(3).Select
    '同じ意味
    Sheet1.Rows(3).Select
End Sub

Rowsプロパティは Rangeオブジェクトを返却します


横 複数行の選択

Sub main()
    Sheet1.Rows(3 & ":" & 5).Select
End Sub


選択状態の取得

Sub test()
    
    Dim str

    str = Selection.Address
    
    MsgBox str

End Sub


選択範囲を調べる。選択範囲は、複数存在する可能性がある。上記の例では、二つ存在する。

Sub test()

    Dim r1 As Range
    Set r1 = Selection.Areas(2)
    
    MsgBox r1.Row & "-" & r1.Rows.Count & " " & r1.Column & "-" & r1.Columns.Count

End Sub


20090713 セルの名前参照

名前がつけられているセルは、名前で参照する事ができる

このようにSheet1のB3 に 「なまえ」という名前をつけた

ソースから参照する場合は

Sub main()
    Dim str As String
    str = Sheet1.[なまえ].Text
End Sub

この場合 [なまえ]はシート1に対して設定されている。sheet2に聞くと、sheet1の該当セルの内容が帰ってきてしまう。

シート1とシート2で 内容を管理しわけるようにするためには、以下のようにする

名前をつけるときに、シート名!名前 とつける

Sub main()

    Dim str As String
    
    str = Sheet1.[なまえ].Text
        '"あいうえお" が取得できる
        
    str = Sheet2.[なまえ].Text
        '"かきくけこ" が取得できる

End Sub

 


戻る

inserted by FC2 system