戻る


20081204_VMware_他のマシンに引っ越すると、Networkの設定変更が必要らしい
20081206_XPノートパソコンにUbuntuServerを立ててみた
20081207_Ubuntuに仮想サーバーを組んでみる
20091212_ポートフォワードの設定_Linux上で


20081204 VMware 他のマシンに引っ越すると、Networkの設定変更が必要らしい

VMwareのゲストOSのデータは、そのまま他のホストでも動かす事ができる。はず。

Ubuntuのネットワーク設定はMACアドレスをベースに設定されていて、VMWareのイメージを複製したり別のホストOSに持って行ったりすると(おそらくこのときにuuidを再生成すると)MACアドレスが変わってしまいeth0だったのがeth1やeth2とかに変わってしまうので、繋がらなくなるらしい。

例としては…
元の環境では eth0 であったが、マシンが変わった時、UUIDが代わり、eth0→eth1に付け替えようとするが、他の設定箇所はeth0なので、繋がらないようだ

まず、何番に繋ごうとしているのかを調べる

    lshw -C network

これで ethの番号を調べる

何番が正しいか…は

    /etc/network/interfaces に書いてある。

/etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules をあげて、

eth1 を eth0に書き換える。もとの eth0 の設定行は 削除すること

http://www.freia.jp/taka/blog/579


20081206 XPノートパソコンにUbuntuServerを立ててみた

T61の仮想上にUbuntuServerを立てた時のメモ

ディスクの容量は、4GB(のちのちDVDに焼いて保存できる事を考慮)

最新化をした

$sudo apt-get update
$sudo apt-get upgrade

FTPはインストールする必要があるようだ
sudo apt-get install proftpd

JAVAを入れた
sudo apt-get install sun-java5-jdk

cの開発環境を入れた
sudo apt-get install build-essential

サンバで、ルートから見れるようにしちゃおう
まずは、sambaユーザーの登録から
sudo smbpasswd -a ほげほげ

/etc/samba/smb.conf の末尾に、以下を追加

[public]
comment = root を公開
browseable = yes
writable = yes
create mask = 0777
directory mask = 0777
path = /
guest ok = yes
;share mode = no

sambaの再起動
sudo /etc/init.d/samba restart

http://notes3102.blogspot.com/2007/04/ubuntutomcat.html

Tomcatの起動
sudo -u tomcat5 ./startup.sh

Tomcatのインストール方法は、以下に詳細があった。英語だけど。
http://ubuntuforums.org/showthread.php?p=226828


20081207 Ubuntuに仮想サーバーを組んでみる

A50 に、仮想サーバーを組んでみる
Host Ubuntu に挑戦 XWindowがほしいので、最初から ディスクトップタイプにする

VMware 2を入れてみる〜
まるっきり、わからん環境だ

以下のページを参考にしています。
http://www.vmware.com/jp/products/server/
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/special/vmware/vmwarea.html

ダウンロードした 下記のファイルを解答する
VMware-server-2.0.0-122956.i386.tar.gz

展開したファイルの中の vmware-install.pl を実行する。

実行するには、root権限で行う必要がある

sudo -s
./vmware-install.pl

root@a50:~/デスクトップ/取り合えず/vmware-server-distrib# ./vmware-install.pl
Creating a new VMware Server installer database using the tar4 format.

Installing VMware Server.

In which directory do you want to install the binary files?
[/usr/bin]

What is the directory that contains the init directories (rc0.d/ to rc6.d/)?
[/etc]

What is the directory that contains the init scripts?
[/etc/init.d]

In which directory do you want to install the daemon files?
[/usr/sbin]

In which directory do you want to install the library files?
[/usr/lib/vmware]

The path "/usr/lib/vmware" does not exist currently. This program is going to
create it, including needed parent directories. Is this what you want?
[yes]

しばらく…省略

基本的に、エンターキーを連打すれば、進むようだ。

Do you accept? (yes/no)  に対しては、y

以下の問いかけには、エンターを押したら、インストールスクリプトが止まってしまったので、
yesを入れた

Your kernel was built with "gcc" version "4.2.3", while you are trying to use
"/usr/bin/gcc" version "4.2.4". This configuration is not recommended and
VMware Server may crash if you'll continue. Please try to use exactly same
compiler as one used for building your kernel. Do you want to go with compiler
"/usr/bin/gcc" version "4.2.4" anyway? [no] yes



Please specify a port for remote connections to use [902]
Please specify a port for standard http connections to use [8222]
Please specify a port for secure http (https) connections to use [8333]


The current administrative user for VMware Server is ''. Would you like to
specify a different administrator? [no]
これに対しては yes らしい

Please specify the user whom you wish to be the VMware Server administrator
ほげほげ を入れた


--the VMware team

Starting VMware services:
Virtual machine monitor done
Virtual machine communication interface done
VM communication interface socket family: done
Virtual ethernet done
Bridged networking on /dev/vmnet0 done
Host-only networking on /dev/vmnet1 (background) done
DHCP server on /dev/vmnet1 done
Host-only networking on /dev/vmnet8 (background) done
DHCP server on /dev/vmnet8 done
NAT service on /dev/vmnet8 done
VMware Server Authentication Daemon (background) done
Shared Memory Available done
Starting VMware management services:
VMware Server Host Agent (background) done
VMware Virtual Infrastructure Web Access
Starting VMware autostart virtual machines:
Virtual machines done

The configuration of VMware Server 2.0.0 build-122956 for Linux for this
running kernel completed successfully.

ここまで表示されれば、終了かな?

ブラウザから、入る
https://localhost:8333/

認証は正しいものではないので、例外の追加をしよう

仮想コンピュータの設定をする際、実際のパソコンに、CPUが1個しかないまたは論理的に2個作り出せる能力が無いときに、 CPUの数を2にすると、エラーで動かないので注意

Linux上のVMware環境では、ゲストOSで'_'(アンダーバー)が入力できないという問題がある。

ファイル名補完機能のあるbash環境ではあまり深刻な問題でなかったので放置していたのだが、ftpコマンドの内部で使えないという深刻な問題になってしまったので急遽調査したところ、伝統的に存在する問題らしく対処策はゴロゴロ転がっていた。

要は、/etc/vmware/configや~/.vmware/config、~/.vmware/prefarence等の設定ファイルに

xkeymap.usekeycodeMapIfXFree86 = true
xkeymap.keycode.211 = 0x073

を書いて、VMwareを再起動すれば良い。という事だ。

guest.commands.enabledonhost = "TRUE"
vmnet1.hostonlyaddress = "192.168.218.1"
authd.client.port = "902"
authd.proxy.nfc = "vmware-hostd:ha-nfc"
loop.fullpath = "/usr/bin/vmware-loop"
guest.commands.anonguestpasswordonhost = ""
product.buildnumber = "122956"
vmnet1.hostonlynetmask = "255.255.255.0"
authd.proxy.vim = "vmware-hostd:hostd-vmdb"
bindir = "/usr/bin"
dhcpd.fullpath = "/usr/bin/vmnet-dhcpd"
guest.commands.anonguestusernameonhost = ""
control.fullpath = "/usr/bin/vmware-cmd"
product.version = "2.0.0"
authd.fullpath = "/usr/sbin/vmware-authd"
guest.commands.allowanonrootguestcommandsonhost = "FALSE"
vmware.fullpath = "/usr/bin/vmware"
libdir = "/usr/lib/vmware"
guest.commands.allowanonguestcommandsonhost = "FALSE"
vmdir = "/var/lib/vmware/Virtual Machines"
authd.soapserver = "TRUE"
xkeymap.usekeycodeMapIfXFree86 = true
xkeymap.keycode.211 = 0x073
product.name = "VMware Server"
# Beginning of the block added by the VMware VIX software
vix.libdir = "/usr/lib/vmware-vix/lib"
# End of the block added by the VMware VIX software


20091212 ポートフォワードの設定 Linux上で

NATタイプを用いる場合、外部からアクセスする場合は、ポートフォワードの設定を行う事が多い。

ホストOSにLinuxを用いている場合のポートフォワード を設定するには、
/etc/vmware/vmnet8/nat/nat.conf
に設定する

[incomingtcp]
# Use these with care - anyone can enter into your VM through these...

# FTP (both active and passive FTP is always enabled)
#      ftp localhost 8887
8887 = 172.16.59.128:21

# WEB (make sure that if you are using named webhosting, names point to
#     your host, not to guest... And if you are forwarding port other
#     than 80 make sure that your server copes with mismatched port
#     number in Host: header)
#      lynx http://localhost:8888
8888 = 172.16.59.128:80

# SSH
#      ssh -p 8889 root@localhost
8889 = 172.16.59.128:22

必要に応じて、追加すべし

その後、vmwareを再起動

# /etc/init.d/vmware restart

参考
http://blog.recyclebin.jp/archives/518

うまくいかないなぁ…しばし保留


戻る

inserted by FC2 system